TEL 079-299-1000 午前9:00-12:00 午後15:00-18:00

院長挨拶

院長 野本浩之

1972年生まれ
医学博士、眼科専門医、PDT(光線力学的療法)認定医
  • 1997年  岡山大学医学部卒業、岡山大学医学部眼科学教室入局
  • 1998年  姫路赤十字病院眼科
  • 2003年  岡山大学大学院医学研究科修了(医学博士)
  • 2004年  香川大学医学部眼科助手
  • 2007年  米国スタンフォード大学医学部眼科研究員
    (文部科学省海外先進研究プログラムにて派遣)
  • 2009年  香川大学医学部眼科助教復職
  • 2010年  香川大学医学部眼科学内講師
  • 2012年  野本眼科(兵庫県姫路市鷹匠町)開院
Best Doctors Japan
Best Doctors Japan
野本浩之院長が「Best Doctors in Japan 2016-2017」に引き続き、「Best Doctors in Japan 2018-2019」に2期連続で選出されました。
ベストドクターズ社は過去20年以上にわたり医師間の相互評価を通し「医師間で信頼される医師」のデータベース構築に取り組んでいます。
詳しくは、医師の方-Best Doctors Japan

2012年に世界遺産・姫路城の城下町である兵庫県姫路市鷹匠町で野本眼科を開院いたしました。

岡山大学医学部を卒業後、歴史ある岡山大学医学部眼科学教室に入局し、前岡山大学眼科教授・大月洋先生のご指導のもとで岡山大学病院および姫路赤十字病院にて研修いたしました。

その後、現岡山大学眼科教授・白神史雄先生とともに香川大学に異動し、白神教授のご指導のもと網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、加齢黄斑変性など)ならびに白内障の患者様に最先端の眼科手術を執刀医として担当してまいりました。

2007年には文部科学省海外先進研究プログラムの派遣員に選出され、アメリカ・カリフォルニア州にあるスタンフォード大学医学部眼科に研究および研修に赴き、世界の最先端治療を間近で見聞してまいりました。

医師になり約20年が経過しました。これまでに多数の硝子体手術および白内障手術を中心とした眼科手術を執刀して得た知識、経験、技術を生かし、最新の眼科医療を科学的根拠に基づいて提供いたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

top